部車紹介

公立はこだて未来大学CAR部の部車の整備記録, 紹介など

ヴィヴィオバン

 

 10月に2年間車検整備つきで8万でやってきた最初の部車です。納車早々、サイドターンを決められ最初についてきたスタッドレスは交換に追いやられました。しかし、オイル交換の練習台や、免許取立ての一年生の練習車と化しています。

 また、燃費が20km/lを超える性能を持ち、スキー合宿や江差遠征の移動車にも重宝されています。部員にヴィヴィオ乗りがいるため、知識を共有し、ダンパー内のオイルを抜いて交換することによってレストアするなど、お金のかからない方向で整備が進んでいます。

 アライメント、特にトーインを修正する練習を行いました。同時に、右運転席下部にある穴をアルミテープで修繕しました。

 

ランニングファイトオンアイス事件

 函館出発時にハブ径が合わないホイールを履かせて、苫小牧まで遠征を行っていました。

「ハンドルから何か変な振動がする」

「途中で降りて、ナットを締めると回ってしまい、たまにまし締めしながら移動していた」

帰りには雪がやみ、ターマック路面になった際にそれが顕著に現れ走行不能になりました。停車し、そこにある工具を使い

「トーインの調整しなおし」

「タイヤローテーション」

などを行いましたが解決せず。ホイール側の鉄が曲がっていることに気づいたのが1時間後

 

最寄のディーラーにハブボルトの交換がすぐできるかどうかを確認し、ディーラーへ。たまたま在庫していた鉄ホイールにはめ変えていただき、何とか函館までたどり着くことができました。

しかし、アライメントが狂ったままだったため段差を乗り越えた際に左右に飛んでいってしまうという危険な状態でした。

 現在は、アライメントを取り直し、安全に走行できる状態です。

リンク